Splatoon/スプラトゥーン 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- 旧・デカライン高架下 -


 トップページ > 旧・デカライン高架下




旧・デカライン高架下


ver2.0.0の大型アップデートによりこちらの地形が大幅に調整されています。新デカライン高架下、ver2.0.0大型アップデートはこちら


高架橋下に設けられたステージ。
オンライン対戦でプレイすることは出来ないが、
ヒーローモードやバトルドージョーでは旧・デカライン高架下をプレイできる。

CEy0Ee9UsAAuZfx.jpg


293.jpg

高いカベが多く、全体的に見通しのきかないステージだ。
A地点の広場が主戦場となるだろう。
広場への侵入は正面からの他、金網を抜けてガラスの床2枚の先のB地点、登ってこれない高台のC地点から入ることができる。
広場の制圧後も正面からの他、カベを登って敵のB地点から侵入する事もできる。


細い道は何本かあるが、基本的には自陣と敵陣を繋ぐ一本道のステージだ。
そのため、無理をして敵陣に攻め込むよりも味方と連携して戦線を押し込む事を意識すると良い。
自陣からA地点までを制圧すれば既に半分以上のエリアを確保している事になり、リスクを冒して敵陣に攻め込むよりも防衛戦を行った方が良いかもしれない。

シューター/ブラスター


正面からぶつかりあうのも良いが、Bから回り込んで敵を奇襲するのも良い。
ただし、味方全員が回り込んでも意味がないので、他のプレイヤーの動きを見ながらルートを選ぼう。


ローラー


まずは自陣をしっかり塗ろう。
敵の陣地に向かうにはAかBを経由しなければならず、敵との接触は不可避だ。
高台から一方的に攻撃されることも多く、味方との連携が重要になるだろう。
腕に覚えがあるなら、正面突破して敵陣に乗り込むというのも手だ。
スーパーセンサーなどで敵が陣地にいないことを確認できれば安全を確保できる。


チャージャー


B地点の高台が狙撃に適しているが、目立つために迎撃される危険性もある。
C付近やA地点への入り口付近など、一歩引いた場所から狙撃するのも良いだろう。


ガチマッチ

ガチエリア

319.jpg

▲黄色い部分は追加された足場。


A地点へ向かう中央の道に、小さな箱のような物が2つずつ追加されている。
ここで戦う場合には防御壁として使う事ができる。
ただし箱は小さいので壁としての過信は禁物だ。


中央のA地点周辺がガチエリアとなる。
中央の取り合いという点では、ナワバリバトルとそれほど変わらないとも言える。
正面から行く他、B地点からでもエリア内を塗れるのでうまく活用しよう。
また相手のB地点から敵陣へと一度侵入してからA地点に戻り、敵の背後を突くのも有効な戦術だろう。


A地点の上空の鉄骨にスプリンクラーを仕掛けたり、敵側の正面にトラップを仕掛けておくと効果的だ。

ガチヤグラ


C地点にショートカットが追加されている。


 トップページ > 旧・デカライン高架下

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて