バイオハザード7 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- キャラクター紹介 -


 トップページ > キャラクター紹介



キャラクター紹介

バイオハザード7に登場するキャラクターの紹介です。
核心に迫るネタバレ記述は避けていますが、ページの都合上少なからずストーリーの内容記述が含まれますので、初見の方はご注意ください。


メインキャラクター


イーサン・ウィンターズ

1166.jpg
──「この悪夢からさっさと出せ!」
本作の主人公。
3年前に行方不明となった妻:ミアから届いた一通のメールを手掛かりに、行方不明者が相次ぐ山奥にある邸宅に赴き、バイオハザードに巻き込まれることになる。
妻を捜し、邸宅を脱出するのが使命となる。
彼は警官でも軍人でもないただの一般人であり、銃よりもパンチが強かったり、マトリックスのような動きが出来たり、美人パートナーと美魔女スパイに挟まれて「泣けるぜ」という状況になったり、ゴリラ並に逞しい筋肉に阻まれ画面が見えづらくなるようなこともない。
非力な一般人が限られた物資を駆使し、先の見えない恐怖と戦うのがバイオハザード7のミソである。


ミア・ウィンターズ

1153.jpg
──「愛してるわ、イーサン…寂しいわ…」
主人公:イーサンの妻であり、3年前に行方不明となった。
今作の舞台となる邸宅で、彼女の残した数々のメッセージを発見しつつその足取りを追うことになる。
果たして無事に彼女を見つけることはできるだろうか?


サブキャラクター


(警察官A)

1154.jpg
名前不明。髭面。
邸宅を探索中に、外の封鎖された窓の隙間から呼びかけてくれる警察官。


(警察官B)

1155.jpg
名前不明。黒人。
おそらく主人公を保護する為にパトカーでやってきた警察官。


(体験版プレイヤー)

1165.jpg
体験版のプレイアブルキャラクター。名前不明。
何らかの経緯でベイカー邸に監禁され、脱出を目指すことになる。
ベイカー邸では多数の死体と犠牲者から剥ぎ取られた荷物を発見できるため、彼もたまたま森を歩いていたところを拉致されたのかもしれない。
当初は「どう足掻いてもファミパン」状態で脱出エンドが存在しなかったが、Midnight.Verアップデートで脱出が可能になった。
しかし、命からがら脱出してもなかなか気の毒なオチが待っている。助かっただけでも良し、か。


クランシー・ジェイビス

1156.jpg
体験版に登場するビデオ「廃屋取材」のプレイアブルキャラクター。
幽霊屋敷を紹介するテレビ番組「スーワ・ゲッターズ」の取材のため、廃墟と化したベーカー家の邸宅にやってきたカメラマン。
場慣れした能天気なピートとアンドレと共に邸宅に足を踏み入れるが、そこで想像を絶する恐怖と遭遇することになる。
ピートの会話を聞く限り、クランシーはこの番組の取材に加わるのは初めてだったようで、哀れ不運を呪うほかない。
VR専用体験版『KITCHEN』では、体験版では見れなかった彼の恐怖の「その後」が見れる。


完全な余談であるが、彼が担いでいるテレビカメラ視点でのプレイかと思いきや、梯子を両手を使って降りたり、『KITCHEN』では手ぶらになっておりカメラを持っている気配がない為、
頭に取り付けた小型カメラを使用しているか、映画泥棒のように頭自体がカメラなのだと思われる。


ピート・ウォーケン

1157.jpg
──「俺がハシゴを降りてくる絵がほしい。…だから、お前が先に降りろ」
体験版に登場するビデオ「廃屋取材」に登場するキャラクター。
テレビ番組「スーワ・ゲッターズ」のMCとして、いつものようにカメラマンとプロデューサーを伴い廃屋取材に訪れたところ、おぞましい怪異と遭遇することになる。
山奥の廃屋の取材にも関わらず、高級なスーツと革靴を身に着け、絶えず軽口を飛ばし「俺はTVキャスターもやったんだぞ」とも口にする、過去の栄光を捨てきれない売れない芸能人といった風情のキャラクター。
「スーワ・ゲッターズ」を担当していること自体に不満を感じているようで、タイトルコールすらも結構適当。
そんな、愛されるキャラクターとは真反対の性格だが、プレイヤーにとっては『味方がいる安心感』を初めてひしひしと感じられるキャラであり、孤独では一歩進むのも恐ろしかった廃屋探索の恐怖を和らげてくれる貴重な存在である。
それゆえ、初見の最大の恐怖ポイントである地下室への梯子を前にして、前述の台詞を言われた時の絶望感も凄まじいが。
VR専用体験版『KITCHEN』でも彼は登場しており、今までのキャラに似つかわしくない壮絶な活躍を見せる。


アンドレ・ストリックランド

1158.jpg
──「廃墟の農家に、消えた家族、怪しい事件の臭い…いつも通りさ」
体験版に登場するビデオ「廃屋取材」に登場するキャラクター。
テレビ番組「スーワ・ゲッターズ」のプロデューサーで、ピートとクランシーと共に廃屋へ訪れる。
様々な廃屋を取材してきた余裕からか、施錠されたドアを躊躇無く蹴破ったり、ライト無しでどんどん先行していったりする。
取材途中で姿を消してしまい、ピートとクランシーは彼を探し廃屋の奥へ踏み込んでいくことになる。
彼が今回のベイカー邸への取材も企画したと思われ、二重の意味でビデオ内の事件の元凶と言える。
本編中で、邸宅の外に彼らが乗ってきたと思われる朽ちたバンが停められているのが見れる。


ベイカー一家


ジャック・ベイカー

1159.jpg
──「お前も家族だ!」
邸宅の持ち主である逞しい老人で、本作のメインヒロイン。笑顔が可愛い。
邸宅に近づく人間を問答無用で家族にしようとする寂しがり屋のいわゆるヤンデレであり、大好きな主人公を捕まえる為なら壁をも軽々とぶち破り、火に巻かれても平気で熱い抱擁をしてくる。
追跡中の自分の攻撃で粉砕したテーブルを見て「大事なテーブルをどうしてくれる!」と、主人公に対して怒ってしまう天然なところもある。
後半になるほど攻撃力と服の露出度が上がり、視聴者サービスも忘れないカプコン屈指の萌えキャラクターである。


……というのは冗談だが、狂気的な執念深さと尋常でない生命力を併せ持ち主人公を執拗に追跡してくるのは確かで、実際に遭遇して追われる身となればバイオシリーズ過去最強級の恐怖になることは間違いない。
ベイカー邸はバイオハザードの数々の惨事の元凶であるアンブレラ社に監視対象となっていたらしく、彼は実験により何らかのウイルスの投与を受け、家族と共に怪物化してしまったものと思われる。


マーガレット・ベイカー

1160.jpg
──「この家には入っちゃ駄目なんだ!」
ジャック・ベイカーの妻。
ジャック同様にウイルス投与により正気を無くしており、ヒステリックな言動をしている。
食事や家具を粗末に汚く扱うと見境無く怒る性格なようで、ジャックも主人公を追跡する際に「虫けらみたいに踏み潰してやる!…おっと、マーガレットに聞かれちゃまずいな」と言いこぼしている。
雰囲気としては、破壊力と追跡力で恐怖を与えてくるジャックとは異なり、至近距離顔芸で精神にくる恐怖を与えてくるタイプ。


ルーカス・ベイカー

1161.jpg
──「カンベンしろよ親父ぃ〜」
フードを被ったベイカー家の息子。
廃屋取材の際にアンドレが彼について「悪い噂が多いな。不良だったらしい」と言っている通り、礼儀作法をわきまえない言動が多く、食事も汚い。
ジャックに怒られ腕を切り裂かれても平気な様子であることから、夫妻と同様に彼もウイルスが投与されていると思われる。


(ベイカー家の長女)

1162.jpg
ベイカー家の家族写真に写っている長女。名前不明。
恐らく、VR専用体験版『KITCHEN』に登場する包丁を持った女性と同一人物。
他の家族とは異なり、まともな言語も話せず破壊衝動のみで動いているようで、家族と同じウイルスが投与されているとするならば失敗作寄りの存在と思われる。


(車椅子の老人)

1163.jpg
死んでいるようにしか見えないが生きているらしい、神出鬼没な車椅子の老人。名前不明。


 トップページ > キャラクター紹介

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて