カリギュラ 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- プロローグ -


 トップページ > プロローグ

カリギュラ Caligula プロローグ


――暗闇の中から声が聴こえてくる。
声の主は『μ』と名乗った。
問われるがままに、あなたが自らの名を名乗ると、μは得意げに、「辛い現実のことは忘れていい」「これからの生活を楽しんでいってね」と話を続ける。
辛い現実のこと……そう言われても既にあなたには何も思い出せない。
戸惑っているあなたをよそに「メビウスにようこそ」とμが世界の名を告げる。
その瞬間、あなたの意識は途切れた。


気づくとあなたは吉志舞(きしまい)高校にいた。霞がかかる意識の中、ぼんやりと周りの状況を見る。
どうやら卒業式の最中のようで、今まさに卒業生の挨拶が行われようとしている。
しばらくして記憶の整理がついてくる……あなたは吉志舞高校の1年生。
何不自由ない、理想通りの学園生活を送る青春まっただなかの高校生だ。
しばらく時間が経過し、入学式が始まった。
品行方正で成績優秀、周囲の信頼も篤いあなたは、2年生代表として挨拶をすることになった。
壇上にあがり祝辞を読む。


だが、続いて新入生代表として壇上にあがってきたのは、つい先日、卒業生として答辞を読んだ『響 鍵介』という少年だった。
強烈な違和感を覚えたあなたの目に、鍵介の顔はバケモノのような姿で映る。
それだけではない。今まで普通に見えていたはずの生徒たちの中に同じようなバケモノが混ざっていることに気がつく。
あなたは恐怖に耐えかねて、壇上を飛び降りて会場を抜け出し走りだした。


あなたは気づき、すべて思い出す。
ここが異世界であること。現実の存在。現実であなたが受けた苦痛。
……それでも帰らなければならないこと。


「まずいな、アイツ」「あの人も……」「見えてるんだ……」


何事もなかったかのように継続する式典の中、会場を飛び出していったあなたを、数人の生徒だけが見つめていた。


 トップページ > プロローグ

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて