DQ11/ドラゴンクエスト11 最速攻略wiki


スポンサーリンク

- 裏ボス -


 トップページ > 裏ボス



邪神ニズゼルファ

出現場所

ワールドマップ南、サマディー地方上空


使用スキル


表示行動内容闇の衣を剥がした場合
天にむかって まりょくをうちはなつ邪神の子を4体召喚する一度だけ行使する
ダークミナデイン邪神の子達と共に使用、味方全体に特大ダメージ威力が弱まる
終末の炎準備動作から2ターン後に使用、味方全体に超特大ダメージ行使しない
自己再生潰された腕を再生する
めいそう自身のHPを999回復
時をうばう味方全体の時が止まり、ランダムによるバトルメンバー
1人だけしか行動できない状態が数ターン続く

最初に「勇者のつるぎ・真」を「どうぐ」として使うこと。闇の衣を剥がせ、邪神を大幅に弱体化できます。
他の武器を装備していて持ち物にも入れていない場合は、そのターンだけ装備を一時的に変更しよう。


セオリーどおり、「キラキラポーン」で状態異常を予防したり、状態異常になった時は「勇者のつるぎ・改」「超ばんのうぐすり」で治しつつ、
イオグランデや、「ぶんしん」からの「心眼一閃」で攻撃。主人公・セーニャは回復、余裕があれば主人公は攻撃。


おすすめパーティは、主人公・カミュ・セーニャ・ベロニカ。
もっとも、闇の衣がなければ敵の再生や回復行動はなくなるので、編成はどうとでもなります。



闇の衣を剥がさずに倒す(やり込みプレイヤー用)

【事前準備】
・推奨レベル平均90以上。装備も鍛冶を駆使して出来るだけ強化し、良い物を揃える。各種状態異常対策も重要。
 カミュやグレイグなど、最強装備でも状態異常耐性効果があまり付加されていないキャラは、エルフのおまもりやスーパーリングで補強しよう。
・MP回復を始めとした各種回復アイテムを、まんべんなく各メンバーに持たせておく。


【主要参加メンバー例】
・主人公(全体攻撃・回復役):ダークミナデインを防ぐ為、閃光斬による全体攻撃で邪神の子がなるべく場にいない状態にしていく。
               邪神の子がいない時は、「アルテマソード」や「つるぎのまい」(更に両腕を潰している場合)で邪神本体狙い。
               いざという時は、ベホマズンや「勇者のつるぎ(・改)」で回復。
・カミュ(単体攻撃役):二刀流状態の「ぶんしん」→「心眼一閃」で、ひたすら邪神本体狙い。
・マルティナ(単体攻撃役):「デビルモード」→「ばくれつきゃく」で、ひたすら邪神本体狙い。
・セーニャ(回復役):ひたすら回復。常にメンバーのHPを満たん状態付近に保つ。いざとなったらメガザル。
・グレイグ(防御役):ピンチ状態のパーティを立て直す間、「におうだち」で仲間を守る。いざとなったらメガザル。


【アドバイス】
状態異常化を含む各種攻撃が熾烈で、両腕は何度でも再生。更に邪神本体は攻撃と共に「めいそう」で回復も続けるので、
戦いを長期化させるとキリがない。よって上記メンバーにて、なるべく短期決戦を狙う。


「終末の炎」は、邪神が炎をかかげている間に片腕を潰すと自爆させて防げるが、直後に複数回の全体攻撃を行ってくるので
防御で耐えた方が無難。「終末の炎」をまともに喰らうと600近くのダメージを受けるので、もし防御が間に合わない状態であれば、
HPが低いメンバーは死亡者と入れ替えて一旦退避させておこう。


大半が死亡状態になってしまった場合、一人づつ蘇生させていても、その間に敵からの熾烈な攻撃で再度死亡状態に
戻されてしまうこともしばしば。ここは「メガザル」で一気に全員を蘇生させ、使用者本人のみを後から蘇生させよう。
その場合、使用者はMPが0となってしまうので、MP回復アイテムの併用も忘れずに。


数ターンの間、ランダムで味方一人だけしか行動できない状態にされることがあるが、回復手段を持たないキャラは耐え切るのが難しい。
その為にも、回復アイテムは全員にまんべんなく持たせておくのが堅実。


動画

3DS

PS4


 トップページ > 裏ボス

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて