不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ 最速攻略wiki


スポンサーリンク

- 拳闘士 -


 トップページ > 拳闘士



拳闘士

Grappler
Type A:男性
Type B:女性
Type C:男性(狼の獣人)


説明

あなたは拳を武器に戦う拳闘士です。
武器を装備していない状態でも活躍しやすく、拳闘武器の扱いも得意ですが他の近接武器は苦手です。
旅慣れており、山登り泳ぎも得意でWTの上限が高めです。
ただし、防具の性能を十分に発揮できません。


コンラス兵Bのコメント

拳闘士は拳で戦うことに優れたクラスですな。
素手の性能が優秀ですので、武器が無い状態での戦闘能力はトップクラスです。
精神統一を覚えれば一撃にかけるダメージを飛躍的に向上させることができます。
また、※鍛え抜かれた体は地形移動でも優位に働きます
ただ一般的な武器の扱いは苦手で、また防具の性能を十分に発揮できないようです。


※登山・水泳の初期Lvは1だが、成長はしない。


解放条件

  1. 『冒険者』でクリアする。または、5種類以上のクラスでクリアする。
  2. 創世石を150個消費して『拳闘士』クラスを獲得する。

資質

<<拳闘士の資質>>
[得意]拳闘武器x1.4
[苦手]拳闘武器以外の近距離武器x0.66
[特効]なし
理力減少大(理力x0.5)
理術被ダメージ増加大
素手性能増加大(連続+35%/必殺+35%)
防具の性能低下(装甲x0.5)
敵の位置が判る(感知距離10マス)
連続+32%


初期アイテム

メタルナックル
トラベルウェア


初期装備


武器防具追加
メタルナックルトラベルウェアなし

初期ステータス

※赤字は成長なし

HPSTWT開錠登山水泳
1151623011

筋力生命敏捷知力意思魅力
212000

攻撃理力装甲軽減命中速度回避連続必殺識別
28505%100%103%2%158%10%0%

スキル

※消費コストは知力Lvによって軽減

名称習得回数消費効果
覚醒初期冒険中
5回まで
使用後3ターンの間、自分だけが動ける。
また、その間は攻撃力が上昇し、
集中」なしで理術を使える。
インパクト初期HP 5
ST 10
ありったけの力を出し切る勢いで、
攻撃力2.5倍の一撃を放つ。
壁や宝箱にも有効。命中も高い。
武器消耗2回分
精神統一Lv10ST 5
EN 5%
意識を研ぎ澄ませ、己の力を知り、
相手と周囲の気の流れを知る拳闘の技術。
次のターンの攻撃力+25%
移動せず続けて使うと効果がアップする。
夢幻連打Lv30冒険中
3回まで
MHP 50
ST 16
最大HPとSTを消費して放つ奥義。
凄まじい乱撃の負荷で、武器も壊れてしまう。

解説

拳闘武器と素手に特化したクラス。


拳闘武器は全種共通で連続攻撃率+120%を誇る連続に特化した武器種で、命中も高い。
また、他の近距離武器には無い特殊な性質をいくつか持っている。

  1. 正面の敵を撃破した後も、連続攻撃が発生する限り周囲の別の敵に攻撃することができる。
    (※追加装備に矢を装備しているとこの特性が消失するバグがある。)
  2. 通常攻撃では側面/背面ダメージボーナスが入らなくなる。

1は唯一にして最大の特徴であり、囲まれても通常攻撃で敵を一掃できる可能性を持っている。
2は道中ではあまり気にならないが、堕天使相手に覚醒連発で背後に回ってダメージアップ…というような戦法は使えなくなる。


素手の性能がかなり強化されるが、このボーナスは拳闘武器を装備中は発揮されない。
また、素手では拳闘武器が持つ特性も発揮されないが、これはデメリットも無いと言える。
力士と違って素手一択というわけでもないため、格闘の心得の優先度はそこまで高くない。
ただし、拳闘武器は低威力高連続で消耗が激しく、拳闘武器以外の近距離武器は全て苦手ということに注意が必要。
苦手な武器でも使うか、特徴を取って素手で戦うか、拳闘武器が壊れてしまった時のことは考えておくべし。


筋力・敏捷、特に敏捷が良く伸びる。
反面、生命はあまり高くならないので、防御面には不安がある。
防具の装甲半減と理力被ダメージ増加もマイナス要素。
とはいえ理術を使う敵は術師・ドラゴンくらいであり、割と殴りやすいことが多い。
フォースブーツやアストラル・ビーストショルダーを見つけたら確保しておこう。
ただし、クリアゴーレムは素手・拳闘武器が苦手な物理属性持ちで、かつサンダーフォースを撃ってくる天敵。
投擲用のアイテムや斧を確保しておくとある程度は対処できる。


夢幻連打は武器を壊すかわりに超連打を浴びせるスキル。
回数制限こそあるものの、冥王を即ミンチにできるほど非常に強力。
実は各種ラスボスにトドメを指した場合は武器破壊が起こらなかったりする。


 トップページ > 拳闘士

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて