メタルギアソリッド5 ファントムペイン 最速攻略wiki

- キャラクター紹介 -


 トップページ > キャラクター紹介



メタルギアソリッド5 キャラクター

パニッシュド"ヴェノム"スネーク

CV:大塚 明夫


「伝説を消された英雄」
本作「メタルギアソリッド5 ファントムペイン」の主人公。
ダイアモンド・ドッグズ総司令。
伝説の傭兵で様々な武器を使いこなし体術にも優れる。
9年前のマザーベース襲撃にて左腕を失ったが、
高性能の義手をはめたことで、戦闘能力はむしろ向上している模様。
その正体は・・・
メタルギアソリッド5 グラウンド・ゼロズでメディックとしてヘリに搭乗していた男。
今までのスネークとは別の人物で、
メタルギアで殺害されたビッグ・ボスは彼である。

ベネディクト"カズヒラ"ミラー

CV:杉田 智和


「未来を謀られた策士」
ダイアモンド・ドッグズ副指令
スネークのかつての相棒で、ソ連軍に囚われている。
9年前のマザーベース襲撃にて右腕と左足と視力を失う。
事件の首謀者であるサイファーに強い報復心を抱いており、
以前のコミカルさは一部(プレイデモ、子犬のDD、ハンバーガー)を除いて見せなくなった。
本物のビッグ・ボスが行動を分かつことを知った彼は、
彼を討ち、ヴェノムとビッグ・ボスのクローンを育てることを決意。
メタルギアソリッドにて、リキッド(イーライ)に殺害されてしまう。

リボルバー"シャラシャーシカ"オセロット

CV:三上 哲


「偽りを生きる好敵手」
表向きはソ連軍の工作員で、射撃の名手であり拷問のスペシャリストでもある。
ダイアモンド・ドッグズの戦術教官。
スネークとはかつて敵同士だったが、後に味方となる。
ソ連軍に囚われているカズヒラ・ミラーを救出するように指示を出す。
報復心に駆られるミラーのブレーキ役で、スネークの相棒枠。
彼自身は本物のビッグ・ボスに惚れ込んでおり、
彼の為にあらゆる役割を演じて常に他者や自分までも偽り続け、
メタルギアソリッド4にて、その生涯に幕を閉じる。

クワイエット

CV:ステファニー ヨーステン


「言葉を持たない狙撃手」
超人的な身体能力を持つ女性。
ソ連軍の要人を殺害する謎の存在として、アフガニスタンに出没する。
言葉を一切喋ろうとしない。
皮膚で呼吸しているらしく、露出度の高い服装をしている。
ある条件を満たすとバディとして使える。
その正体は、キプロスの病院でスネークを襲ったXOFの女性兵士。
逆に火をつけられ瀕死の重傷を負い、報復のためスネークに近づいた。
しかし、結局は迷いが生じて報復をすることなく、
声帯虫の英語株を発症させない為、静寂へと帰っていった。

エメリッヒ

CV:田中 秀幸


「自我を手に入れたギーク」
かつてヒューイと呼ばれていた二足歩行兵器の開発者。
スカルフェイスの下で研究を強いられているようだ。
メタルギアソリッド5 グラウンド・ゼロズにて、
サイファーが偽装した核査察団を無断で受け入れ、
マザーベースの襲撃を幇助したとして、裏切りの容疑が掛けられている。
言動に不審な点があり、スネーク達にも非協力的で、
子供を実験に使うだけでなく、親族も殺害したと思われる。
最終的にはマザーベースを追放され、その後入水自殺した。
いろいろと怪しい行動をとっているが、マザーベース襲撃の幇助については明確な証拠がなく、
有罪と無罪の両方の説が入り乱れている。

イーライ

CV:本城 雄太郎


「運命を呪う少年兵」
ホワイトマンバと名乗る少年兵。
アフリカのアンゴラのある村に現れ、少年兵を統率して略奪行為を行った。
背中に液体人間と書かれた服を着ている。
その正体はビック・ボスのクローンの一人で、
後のリキッド・スネークである。
最後までダイアモンド・ドッグズには馴染めず、
修復したサヘラントロプスで他の少年兵と共に去っていった。

コードトーカー

CV:阪脩


「故郷を奪われた賢人」
アフリカのアンゴラのある場所で研究をしている老科学者。
報復心で殺伐とした本作の癒し担当。
過去作に登場した人物と言われているが・・・
MGS3のジ・エンドの死体を研究していること以外はわからなかった。
極限環境微生物「メタリックアーキア」の発見者であり、
物語の核心となる「声帯虫」や「寄生虫補完(パラサイトセラピー)」といった寄生虫技術の権威。
スネーク達は彼がいなければ、マザーベースに蔓延する疫病の鎮圧はもちろん、
スカルフェイスの計画の全容さえ知ることはなかったであろう程の重要人物。

スカルフェイス

CV:土師 孝也


「素顔を消し去った亡者」
サイファーの実働部隊XOFの指揮官でサイファーの副官。
スカルフェイスというコードネームの通り髑髏のような顔を持つ。
9年前のマザーベース襲撃を指揮した張本人で、スネークとミラーの報復の対象。
コードトーカーを利用し、自身が制御できる核兵器を拡散させ、
英語を声帯虫によって全滅させ、民族の解放を画策していた。
第三の子供を経由し、自らの報復心によってメタルギア「サヘラントロプス」や「燃える男」を操っていたが、
イーライの報復心に負け、あっけない最期を迎える。
なお本編にて彼が名乗るシーンは存在せず、スカルフェイスとはDD陣営がそう呼んでいるだけで、
「副官」や「ビラガアナ」等好きに呼ばれている。

燃える男


「存在を否定された異形達」
全身が灼熱の炎に包まれた謎の男。
その身体は、銃弾や至近距離からの戦車砲の直撃も効かないだけでなく、
建物を吹き飛ばす程の炎や、戦闘ヘリを一撃で墜落させる火炎弾を放つ。
そんな圧倒的な戦闘能力で、スネークを付け狙う。
その正体はMGS3でスネークに倒されたヴォルギン大佐。
実は一命をとりとめ、昏睡状態のまま研究謄本として保存されていた。
スカルフェイスや自らの報復心を受けた第三の子供の力で動いていたようだ。
最終的には、ヴェノム・スネークが自分を倒した人物とは別人であることに気付いて、
活動を停止したところをマザーベースに回収された。

第三の子供


「存在を否定された異形達」
宙に浮き、ガスマスクのようなものをつけた謎の子供。
燃える男やスカルフェイスと共に、スネークの前に現れては消える謎の存在。
他人の報復心などの邪心を感じ、それをエネルギーに変換し、
宿主に力を与えたり、機械を動かす能力を持つ。
その能力で、スカルフェイスや燃える男の報復心を受け、
サヘラントロプスや燃える男自身を動かしていた。
その正体はMGSのサイコ・マンティスが子供のときの姿である。

パス・オルテガ・アンドラーデ

CV:水樹 奈々(MGSV:GZ)


「運命に翻弄された工作員」
サイファーの潜入工作員で、本名パシフィカ・オーシャン。
9年前のマザーベース襲撃の際に、爆死したと思われていたが・・・
条件を満たすと、医療プラットフォームで会うことができる。
その正体はヴェノム・スネークが見ている幻影で、
写真を全て渡すと、カセットテープと引き換えに消えてしまう。
キミはどっちを選ぶ?

ゼロ

CV:銀河 万丈


「情報を制する支配者」
サイファーの創設者で、決別するまではスネーク(ビック・ボス)の大切な親友でもあった。
エンドクレジットにて記載されているが・・・
条件を満たすと、彼の会話をカセットテープで聞くことができる。
9年前のマザーベース襲撃はあくまでスカルフェイスの独断で、
彼自身は決別後もスネークのことを大切に思っていたようだ。
MGS4でビック・ボスの手により、命を絶たれた。


 トップページ > キャラクター紹介

プライバシーポリシー | 当サイトについて