P5/ペルソナ5 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- プロローグ -


 トップページ > プロローグ

ペルソナ5 プロローグ

居場所のない主人公が訪れた“ベルベットルーム”と彼に課された“自由への更生”


「男に言い寄られている女をかばったら、男が怪我をして訴えられた」


小さな正義感か、あるいは別の理由からか、腐ったオトナの保身や都合で真実は歪められ、主人公には“前歴”がついてしまった。


保護観察処分中、都内の古ぼけた喫茶店に身を寄せた主人公は、ある日奇妙な夢を見る。


囚人服に身を包んだ自分が、青い監獄に囚われている。
鉄格子の向こうは看守姿の双子の少女と、その奥に鎮座し、常に顔を俯かせ思案を続けている奇怪な顔の老人。


主人公が眠りについたとき、訪れてしまった―或いは招かれた―謎の青い監獄“ベルベットルーム”。
それは、夢と現実、精神と物質の狭間にある場所。そして、何かの形で契約を結んだ者のみが訪れる部屋。


ベルベットルームは、主人公が収容された監獄の姿をしているが、「この部屋のありようは、契約者である主人公自身の心のありよう」で、少年を「運命の囚われ」だと老人は言う。


―近い将来、その身に破滅が待ち受けている。それに抗うには、「更生」するほかない。
「自由への更生」……それが、破滅を回避する唯一の道――。


課された“自由への更生”―それは、立派な“賊”になること。
こうして悪い大人の心を“盗む”、世直し怪盗稼業が始まる!


謎の老人イゴールが主人公へと課した“自由への更生”。
それは、「立派な賊」になることだった――。


ある事件をきっかけにペルソナを覚醒した主人公は、“悪い大人の歪んだ心を盗んで改心させる”世直し海賊稼業に身を置くことになる。


そんな怪盗団事件の陰では、不可解な精神暴走事件が数多く勃発していた……。
悪い大人の心を変えて、歪められた僕らの未来を盗り返せ!
「…世界の歪みに、挑む覚悟はあるかね?」


 トップページ > プロローグ

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて