龍が如く6 最速攻略wiki

- 舞台紹介 -


 トップページ > 舞台紹介



舞台紹介

東京・神室町

煌びやかなネオン。それをギラギラと照り返す濡れたアスファルト。
人々の夢と欲望を丸ごと飲み込んだ東洋一の大歓楽街・神室町。
2012年に勃発した抗争が沈静化し、東城会による一強支配が安定しつつあった頃、アジア系住人が群居する通称”亜細亜街”に大火事が発生しそれを発端に海外勢力の進出が始まる。
現在では東城会・中国系マフィア・韓国系マフィアの三大勢力が拮抗し、街は新たな緊張感に包まれている。


広島・尾道仁涯町

広島の中心部からわずかに外れた街、広島・尾道仁涯町。
戦前から漁業で繁栄を極めたが、大不況から立ち直れずそのまま凋落の一途を辿った街。
海の男たちの欲望を飲み込み続けた遊郭も、今や寂れたスナック街に成り果てて、昼夜を問わず閑散としている。


まばらに街行く人々も余所者には冷たい眼差しを向け、街全体が閉鎖的な雰囲気を漂わせている。
この時代から取り残されたような街が、日本の裏社会にとっては大きな意味を持つ。
東の東城会、西の近江連合、日本裏社会の二大勢力のいずれにも与せず独立独歩を貫いてきた第三の勢力、広島・陽銘連合会がこの尾道仁涯町を拠点としているのだ。
元東城会会長の桐生がこの地に足を踏み入れること、それは裏社会最大のタブーである。


 トップページ > 舞台紹介

プライバシーポリシー | 当サイトについて