龍が如く7 体験版 最速攻略wiki


スポンサーリンク

- ストーリー -


 トップページ > ストーリー

龍が如く7 ストーリー


2001年1月1日。東城会の三次団体「荒川組」に所属する極道、春日一番は、
組長・荒川真澄から若頭・沢城丈の犯した罪を被るよう頼み込まれ、出頭を決意。
愛する組のため、尊敬する親父のため……春日は18年にも及ぶ厳しい刑務所生活を送り、2019年、ついに出所する。


だが、出所をした春日を出迎えてくれる者は、誰一人いなかった。


一人寂しく、故郷である神室町へと戻る春日。
だがそこは、春日の知っているかつての神室町ではなかった。


「神室町3K作戦」という警察の施策により、東城会は崩壊。
現在の神室町は、警察と関西の極道組織・近江連合に完全支配されていた。
そして、そんな状況を作り出した張本人が、荒川真澄なのだという。


「親っさんがそんなことするわけねぇ!」


真意を直接確かめるべく、春日は荒川真澄の元へと向かう。


近江連合組員や、かつての兄貴分・沢城の妨害を撥ね退け、なんとか荒川真澄の元へとたどり着く春日。


「親っさん!」


実の親のように慕う、憧れの極道である「親父」との、18年ぶりの再会――
だがそこで待っていたのは、再会を喜ぶ笑顔ではなく、冷酷な銃口だった。


「すまねぇなぁイチ…… 死んでくれ」


鳴り響く銃声。薄れゆく視界――


「うぅ‥‥!」
生死の淵をさまよいながらも、なんとか意識を取り戻した春日。
だが目覚めた場所は、段ボールハウスが並ぶホームレス街の、汚いゴミ捨て場だった
「……ここはどこだ?」
春日の問いに一人のホームレスが答える。
「イジンチョウ。……伊勢佐木異人町。ここは横浜だ。知ってるだろ?横浜」


 トップページ > ストーリー

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて