世界樹の迷宮5[マップ付き] 最速攻略wiki


スポンサーリンク

- 経験値稼ぎ・レベル上げ -


 トップページ > 経験値稼ぎ・レベル上げ



経験値稼ぎ・レベル上げ

獲得経験値アップで連戦

リーパーの「魂寄せ」使用後にマスラオ「あらたな強敵」を使うと、経験値アップ状態で連戦できます。


名称種別Lv効果必要スキルTP
魂寄せ探索10一定歩数の間、エンカウント率を上昇させ
戦闘で得られる経験値を上昇
5
新たな強敵探索5敵を呼び寄せて戦闘を行なう
希少個体率が上がり、
一定の確率で連続戦闘が発生
2

控えメンバーも経験値獲得

3F宝箱から入手できる「追憶の音貝」は戦闘メンバーが装備すると、
戦闘メンバーが獲得した経験値の10%を控えメンバーが獲得できます。
控えメンバーも育成したい人は戦闘メンバーに装備させよう。


DLCで経験値稼ぎ

ダウンロードコンテンツでクエスト「冒険者育成計画」を行なうと達成報酬の経験値が到達階層に応じて(第三層:53万)非常に多く貰え、、
更に経験値入手量3倍のアクセサリー「グロースバッジ」が手に入ります。
(第六階層 赤方偏移ノ回廊30F到達で90万経験値)


放置レベル上げ

過去作経験者は知っての通り、序盤から中盤、終盤まで使えるレベル上げ方法。それなりに時間がかかるため、寝ているときなど他の事をしたいときに便利。


○準備
.僉璽謄ーキャラの1人として、ハウンドの鷹笛(4)、犬笛(4)、獣の癒し(10)のキャラを入れておく。他の4人はレベル上げしたいキャラ。ちなみにパーティーキャラの1人に追憶の音貝を装備しておくと待機メンバーも経験値入手できるので効率的。
▲プションのAボタンスキップをSONICに、コマンド確認をOFFに、移動速度をFASTにする。
フィールドへ。2層攻略後くらいなら6階推奨。フィールドに出たらハウンドのスキル犬笛、鷹笛を使って召喚。
ぅ侫ールドに輪を描くようなオートマップを描く。6階のおすすめはセーブポイントを一周させるような線を作ってAUTOボタンを押す。
Aボタン長押しになるように消しゴムを挟んで3DS本体を閉じる、もしくは洗濯ばさみではさむ。
(充電つけておくのを忘れずに。なお、レベルに合ってないと開いた時にゲームオーバーになる可能性があるので、最初は30分ぐらいしたら体力満タンで進んでるか確認しておくといい。)


という感じです。キャラのレベルに応じて階層を変えると効率が上がります。
シャーマン(天寵を告げし巫女)をPTに入れてスキル忌火を習得しておけば歩きながらHPが回復していくのである程度の事故は防げる。

クリア後経験値稼ぎ

26F,29Fに出現する増殖する悪夢は分身が無限に出現します。(29FのほうがFOEまでの距離が近いので良い)
増殖する悪夢は即死が効果があるので、リーパーの「死の鎌」などで即死効果が発動すると簡単に倒せます。
204000EXPが獲得でき、リーパーのLv10「魂寄せ」を使えば408000EXPを1回の戦闘で獲得出来ます。
TPの続く限り無限に増殖する悪夢を倒しましょう。
ドロップアイテムの「悪夢の後髪」「狂逸の魔指」は10000en、8800enで売れるのでお金稼ぎにもなります。



おすすめのパーティー編成は、リーパー3体、ドラグーン、ハーバリスト。以下にそれぞれの概要を載せておきます。


・リーパー
 まず二つ名は「死を振り撒く死神」で。とるべきスキルは魂寄せ(10)、TPブースト(10)、抑制攻撃ブースト(10)、死の鎌(9or10)、走力鍛錬、大地の寵愛、グルメ。あとはステータス上昇系などを。死の鎌は瘴気兵装なしで即死効果が発動するので、瘴気兵装などはないほうがスキルコマンドが少ないので便利。
 装備はできるだけLUCが上がるものを。即死が入りやすくなります。もしくはTPが上がる系を。
 戦闘中は死の鎌を連打するだけの簡単なお仕事です。


・ドラグーン
 まず二つ名は「金剛の竜騎兵」で。とるべきスキルはバンカー(10)、先制バンカー(5)があれば十分です。あとはステータス上昇系と、竜の咆哮の列はおまかせで。
 戦闘中はバンカーを設置するだけの簡単なお仕事です。


・ハーバリスト
 リザレクトハーブを覚えておけば他はなんでもいいです。戦闘中は戦闘不能者が出たら蘇生、その他は防御で。


で迷宮に行ったら、とりあえずベースとなるFOEから増殖したほうのFOEと接触する1歩手前まで行きましょう。そしたら魂寄せを使ってから接触。あとは上記のコマンドを。倒してから2歩動けばまた新たなFOEが湧きますので、本体を倒さないようにしながらTPが尽きるまで倒しましょう。TP回復用に料理を用意しておくと便利です。


 トップページ > 経験値稼ぎ・レベル上げ

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて