Splatoon/スプラトゥーン 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- ヒラメが丘団地 -


 トップページ > ヒラメが丘団地



ヒラメが丘団地

入り組んで大きな団地のステージ。
8月21日 午前11時のアップデートにて追加された。
屋上のルートと地面のルートがあり、常にこの2つのルートを意識しておかなければならない。
屋上ルートを陣取られてしまった場合は、
壁から登って奇襲か、メガホンレーザー、スーパーショットなどで敵を屋上から下ろすとよい。

CM1ygyAVAAAAgFQ.jpg

CM1yhjuU8AALIhy.jpg

CM1yhrAVAAA7gUf.jpg

http://img-wiki.com/upload3/img/659.jpg
総塗り面積:2375P


シューター/ブラスター

高低差が激しいステージのため、高所からばら撒くように撃つと広範囲を塗れる。
壁も塗れば登れるので、一か所にとどまらず縦横無尽に動き回りながら塗ろう。


面積が広いため、インク効率が良く、集弾性が低いブキが扱いやすい。


ブラスターは、高所からの攻撃に対処しづらいのがネック。
ステージが入り組んでいることを利用し、相手の裏を取るように立ち回ろう。


ローラー

平地が広いステージなのでローラーは塗りやすいだろう。
しかし壁を登りづらいため、違う高さの位置にいる敵に対応しづらい。
攻め込む場合に迂回を強いられるが、
味方のシューターが壁を塗っていた場合それを利用しよう。


チャージャー

入り組んでいることに加え高低差が激しいため、
スナイピングポイントには事欠かないだろう。
細い通路も多いため、塗りの面でも貢献しやすい。


主な狙撃場所:少し進んだところの室外機
中央高台の塀や台の上


スロッシャー

壁が塗りやすいスロッシャーは極めて有利だろう。
しかし、ヒッセン系のサブは段差の塗りに弱く、射程も短いので壁が高い所では苦難を強いられるかもしれない。
高い攻撃力をいかして、敵を倒すことに集中し、敵がいなくなったら塗るようにしよう。


スピナー

比較的塗りやすいステージといってもいいだろう。シューター同様、上からばらまく感じで攻撃することをおすすめする。
ただし、壁が非常に多いため、攻撃に対しては少し苦手なステージ。

ガチマッチ

ガチエリア

エリア中央にある金網の橋で短距離に隔てられた2か所がガチエリアとなっている。
また、ステージの特性上、壁塗りによる奇襲が容易。攻めでも守りでも留意しよう。


ガチエリアは狭く、隔てられているので、シューターは
射程がある程度あった方が有利。


ローラーの場合、段差を利用しインクを飛ばして迎撃しつつ、
スーパーショットメガホンレーザーといった
遠距離攻撃が可能なスペシャルを活用するといいだろう。


チャージャーは、適当な狙撃ポイントからガチエリアにいる敵を
狙い撃ちにするといいだろう。そのためにスコープ付きのブキが
あると便利。
また、ガチエリアに味方を送り込むために、壁を塗ってルートを
作ってフォローするのもよいだろう。


ガチヤグラ

ヤグラ自体が大きいため、下からの攻撃に強い。但し、上からの奇襲の可能性も無くはないので、トラップがある武器(特にノヴァブラスター)がおすすめ。さらに、チャージャーも狙いやすいため、注意。

ガチホコバトル

ガチホコの初期位置はマップ中央にある金網の上。
ゴールはリスポーン地点の目の前にある少し大きな広場。


ガチホコが設置されている床が金網なので、射程が長いシュータは下からバリアを壊したり敵を倒すことが可能。
ただし、上を狙っていると周囲が見えなくなり襲撃されやすいため、油断は禁物。


チャージャーはリスポーン地点から少し先に行った高台から、裏取りをしようとする敵やバリアを狙うと良いだろう。
だが、射程のある武器ではキルされる可能性もあるので注意しよう。


ローラーは素早くガチホコの初期位置に向かい、反対からくる敵を妨害しよう。


激戦区となりやすいのは、最下層の広場で、スロープを登った先にゴールがあるが、ガチホコを担いだプレイヤーは
段差の上や周囲から集中砲火を浴びやすい。味方と協力しつつ確実に敵を倒してゴールに向かおう。
避けるなら、まずホコの初期位置からまっすぐ行った屋上の広場から敵陣へ向かう。
次にブロックを使い高台へ登る。曲がり角を曲がったら、まっすぐ進んでゴール。
やはりリスクはあるが、スロープ付近の相手の意表を突くことができる。


小ネタ
スタート地点から右にある細い道の手前の方を進んだところにあるマップがインクのことまでリアルに表示している その左にボム飛距離アップをつけていれば中央にギリギリ届く


 トップページ > ヒラメが丘団地

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて