蒼き革命のヴァルキュリア 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- ストーリー -


 トップページ > ストーリー

蒼き革命のヴァルキュリア ストーリー


「蒼き鉱石」がもたらす「咒術」
謎多き蒼き鉱石「ラグナイト」を源とした魔法的な力は「咒術」と呼ばれ、人々に様々な恩恵をもたらしていた。
その一部の才能あるものが行使していた「咒術」を、「咒工業」として工業化し、誰にでも扱えるものとする産業革命“蒼き革命”が起こる。


「蒼き革命」により、世界は一変した。
「咒工業」の導入による産業と社会構造の変革は、人類の歴史をも、その資源たる「ラグナイト」をめぐる、“戦いの歴史”へと変えさせた。
「帝国主義」時代の幕開けである。


その戦いは「解放」か、「復讐」か。
「蒼き革命」からおよそ一世紀後の聖暦1853年、ヨーロッパの南に位置する小国「ユトランド」が、
列強に数えられる北方の大国「ルーシ帝国」の基地を強襲した。
ルーシ帝国主導による列強の経済封鎖により困窮したユトランドは、「列強の植民地支配からの独立・解放」を掲げ、
「ルーシ帝国」へと宣戦布告し、「ヴァルキュリア」を擁する帝国との戦争へと突入していく。


後に「奇跡の解放戦争」と称されるこの戦いを主導した若者たちは、歴史上「大罪人」と断じられた。
「解放」を謳う戦いの裏には「復讐」という私怨があった──。


それは、侵さなければ果たせない物語。


 トップページ > ストーリー

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて