蒼き革命のヴァルキュリア 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- 世界観 -


 トップページ > 世界観



世界観

ユトランド王国

主人公たちの国。
ヒロイン・オフィーリアの父王が統治する立憲君主制国家。
国王が国家元首だが国政の実権は低く、国家憲法・衆議院・貴族院からなる王国議会で運営されている。


ヨーロッパ大陸の南に位置し、温暖な気候と豊饒な土地から農業が盛んで、
まじめで勤勉な国民性から技術に優れた技術立国でもある。
ただラグナイト資源は十分ではない。


聖暦1852年、同盟関係にあったルーシ帝国を中心とした列強4国から後に「BRuFH (ブラフ)包囲網」と呼ばれる事になる請れのない経済封鎖に遭い、
ラグナイトの輸入をストップされ困窮を極めており、これが翌年の開戦への大きな原因となる。
技術立国であるにもかかわらず、資源が枯渇して児工業製品が軒並み停止したため、街からは「蒼い光」が消えている。


ヴァナルガンド

ルーシ帝国のヴァルキュリアに対抗すべく結成された精鋭部隊。
正式名称「アンチ・ヴァルキュリア部隊」、通称「ヴァナルガンド」。


軍経験などは問わず、そのラグナイト適正のみで審査を重ね、国中から集めた「ラグナイト・エリート」で結成された部隊。
もともと鉱物資源に乏しく、近年の経済封鎖のためにラグナイト不足に陥っているユトランドにおいて、
国内の希少なラグナイトを集め、持ち前の技術力で作り上げた「咒構武器」(ラグナイト武器)を配備。


対ヴァルキュリア思想で組織された部隊だけに、咒機(戦車のようなもの)や武装部隊にも絶大な威力を発揮する、
まさに一騎当千のユトランド王国の精鋭部隊である。


 トップページ > 世界観

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて