蒼き革命のヴァルキュリア 最速攻略wiki

- アムレート -


 トップページ > アムレート



アムレート

加入条件


ポテンシャル


名称効果
冷静焦り、驚き、混乱、恐怖が発生した際、瞬時に感情を抑える。
咒術師咒術で攻撃を行う際、与えるダメージがアップする。
偏食HPが30%以下になった際、咒力がダウンする。
復讐鬼ソロで行動する場合、攻撃がアップし、防御がダウンする。さらに怒りやすくなる。救国の英雄フォースで行動する場合、攻撃と咒力がアップする

初期ステータス


LvHPRP攻撃防御咒力咒防
350610054213716

初期咒構武器性能


種類攻撃咒力対甲その他
大剣200150195234コンボ最終撃強化+1


傾向と扱い方


正にワンマンアーミー。
個人としての戦闘力が突出しすぎているので彼をベースに攻略を考えてしまうと他の隊員たちがチンケな存在に思えてしまう。
アムレートに関してだけはライバルの「マクシム」、ヴァルキュリア「ブリュンヒルデ」、四将の重咒機と戦うための切り札的存在ととらえて、比較の対象は彼らにした方が良い。
取得経験値の多いストーリーミッションではほぼ強制出撃がかかり、単独ミッションもあるのでフリーミッションでやたらと使う存在でもない。
咒術に関しても咒術師のポテンシャルが発動すると多くの敵兵を一撃で屠ってしまう。
最終章のマクシム戦でドロップする「シャインキャリバー」またはDLCの「シャインキャリバー+」が装備出来るようになると正に鬼。
いずれも対兵士戦で使うのがほとんど反則級の威力でRP消費も大きいので上記のボスクラスとの戦いで使うのがベスト。
特にブリュンヒルデの特殊攻撃発動をキャンセル出来るのでコンボで殴ってRPを回復させつつ、「マズいのきた」というタイミングで発動させると良い。
効果範囲が前方にあっても隣接していれば効果範囲に叩き込んで命中させたことに出来る。
とにかく物理攻撃の攻撃範囲が広い=連撃系の咒術との相性バツグンなので単体攻撃系でも取り巻きも巻き添えに出来る。
最終章でのブリュンヒルデ打倒時(つまりはクリア時)に貰える「アクセラレート」は唯一の弱点であるコンボ後のチャージタイムをほぼ消すというまさにドーピング技。
最早「アヴァルーネ1000人斬り伝説」とか周回プレイとか最終章のリトライとかに使うぐらいしかないが使うと正に悪魔。


 トップページ > アムレート

プライバシーポリシー | 当サイトについて