P5/ペルソナ5 最速攻略wiki


 スポンサーリンク

- 高巻杏 -


 トップページ > 高巻杏


攻略:主人公 / 坂本竜司 / 高巻杏 / モルガナ / 喜多川祐介 / 新島真 / 佐倉双葉 / 奥村春 / 明智吾郎
紹介:主人公 / 坂本竜司 / 高巻杏 / モルガナ / 喜多川祐介 / 新島真 / 佐倉双葉 / 奥村春 / 明智吾郎



高巻杏

003-2.jpg

加入時期・条件


コープ

解説

攻撃魔法の属性は火炎。


アギ系魔法を中心に単体回復、バッドステータス付与、タルンダ系などの絡め手を駆使して戦う魔法特化キャラクター。
魔力に関してはダントツの成長を見せ、その他能力は多少水準を下回るが平均的と言える伸びを見せる。
習得スキルの方向性が前半と後半で大きく変わり、プレイヤー次第で運用が変わるキャラクターでもある。


序盤中盤と多くの補助呪文を習得し雑魚戦を補佐する。
弱点の無い強敵に対してバステ魔法は逆転の切り札になり、タルンダや単体回復も備えるため総じて味方の被ダメージを抑える事に特化している。
火炎属性スキルしかまともなダメージソースが無いが、火炎が効かない相手に対してもある程度立ち回る事ができ、ガードキルによって火炎耐性を突破する事もできる。
SP回復手段の乏しい序盤からSPをガンガン消費させるようなスキル構成なので、運用には注意が必要。これは明確な欠点であると言える。


一通りの補助魔法を覚えきった中盤辺りから魔の数値がかなり目立ち始め、ブースタの習得やコープ進行次第でSP回復手段が揃い始める事もあり、火力源としての活躍が見込めるようになる。
仲間内最速のハイブースタ取得者であり、その頃にはコンセントレイトも習得している。
ここまで来ると継続して安定した火力の出せるメインアタッカーとしての運用が視野に入ってくるため、スキル枠の選択が非常に悩ましい事になる。
ハイブースタ習得時点での攻撃力は同レベルの他の仲間と比べても圧倒的の一言であり、火炎耐性さえ無ければ雑魚、ボス問わず焼き尽くしてくれる。


終盤の方向性は火力特化でほぼ間違い無いだろうが、問題は切り捨てるスキルである。
使っていく火炎属性スキルを選択した上でコンセントレイト、火炎ブースタ、火炎ハイブースタの三種はほぼ必須となる。
この時点でスキル枠は半分からそれ以上埋まっている事になるので、中盤までに覚えた補助系、回復系スキルのどれを残すかと言うのが悩みどころ。
お気に入りのスタメンや主人公の使用ペルソナ次第で調整していくといいだろう。


ステータス

LvHPSP
99522310

初期ペルソナ:カルメン

基本ステータス


Lvアルカナ
5恋愛46445


スキル


スキル名属性HP/SP対象効果習得Lv
アギ火炎4敵1体火炎属性で小ダメージを与える
まれに敵を炎上させる
初期
ディア回復3味方1体HPを小回復する初期
ドルミナー異常5敵1体高確率で睡眠効果7
タルンダ補助8敵1体3ターンの間、攻撃力が低下する11
マハラギ火炎10敵全体火炎属性で小ダメージを与える
まれに敵を炎上させる
13
デカジャ補助10敵全体ステータス上昇を打ち消す16
アギラオ火炎8敵1体火炎属性で中ダメージを与える
まれに敵を炎上させる
22
火炎ガードキル補助15敵全体火炎耐性を通常まで下げる25
ディアラマ回復6味方1体HPを中回復する28
テンタラフー異常12敵全体中確率で混乱効果30
浮かない空自動自分雨や注意報が出ている時、
状態異常攻撃の付着率が自動的に大幅に上昇
33
マハラギオン火炎16敵全体火炎属性で中ダメージをあたえる
まれに敵を炎上させる
35
火炎ブースタ自動自分火炎属性の攻撃力が自動的に25%上昇する38
マハタルンダ補助24敵全体3ターンの間、攻撃力が低下する41
アギダイン火炎12敵1体火炎属性で大ダメージを与える
まれに敵を炎上させる
46
炎上率UP自動自分炎上の付着率が自動的に上昇50
マハラギダイン火炎22敵全体火炎属性で大ダメージを与える
まれに敵を炎上させる
54
ディアラハン回復18味方1体HPを全回復する57
コンセントレイト補助15自分使用後の魔法攻撃力が1度だけ2倍以上になる62
火炎ハイブースタ自動自分火炎属性の攻撃が自動的に50%上昇する
ブースタの効果に累積する
68
大炎上火炎54敵全体火炎属性で特大ダメージを与える
まれに敵を炎上させる
74

超覚醒ペルソナ:ヘカーテ

条件


基本ステータス



Lvアルカナ
99恋愛5578555661


スキル


スキル名属性HP/SP対象効果習得Lv
極・氷結見切り自動自分氷結属性の攻撃に対する回避率が3倍になる
見切りとの効果累積なし
超覚醒後

 トップページ > 高巻杏

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて