Splatoon2/スプラトゥーン2 最速攻略wiki


スポンサーリンク

- テクニック -


 トップページ > テクニック



スプラトゥーン2 テクニック


バトルで役立つ小ネタ集。
バトルと関係のない楽しむための小ネタはこちら


終了直前にマルチミサイルやボム

インターネット対戦で終了直前にボムピッチャー系やマルチミサイル等を発射すると、塗り返される事なく確実に塗りが稼げる。
また、スプラッシュボムキューバンボムロボットボムなどの時間差で爆発するサブウェポンも爆発した部分が反映されてから集計される。
但し、トラップスプリンクラーはタイムアップ時点の分しか反映されない。


着地狩り

基本的な技の1つ。
スーパージャンプしようとすると、ステルスジャンプをつけていない場合、またステルスジャンプをつけて近くにいる場合は着地先に着地マーカーが出る。
これを利用すると、スーパージャンプで飛んできた敵を着地した瞬間倒すことができる。
ただし着地マーカーの目の前から着地狩りを狙うと、
スーパージャンプをしてきた相手がローラーの場合、
反対に空中からの叩きつけを浴びせられる可能性もあるので少し離れた所から撃つと良い。
自身が射程の短いブキの場合、着地マーカーと相手のスタート地点との間に立つ事でリスクを最小限に減らせる。


2では受け身術でかわされる場合があり、逆に着地狩り狩りも出来やすい。
スペシャルゲージが溜まっていればスーパーチャクチで逆に攻撃する事も出来る。
またシェルターの場合は、射撃ボタンを押しっぱなしにしておく事で着地と同時にカサを開いて着地取りを防げる場合もある。
以上の理由から着地狩りは着地点にインク連射するよりも、ボムを投げて遠くにいた方が安全だろう。


偏差撃ち

シューター、マニューバー、チャージャーなどエイムが必要になるブキ全般のテクニック。
全てのブキはインクを発射してから着弾するまでにタイムラグがあるため、横方向に移動している相手に照準を合わせてもほとんど当たらない。
そこで相手が移動している少し先に照準を合わせて発射することで相手に弾を当てるというTPS/FPS全般で使われる基本テクニック。
スプラトゥーンでは相手の足元にインクを塗る事は相手の足を奪う事に繋がる為、特にこのテクニックが有効になる。
試し打ちで移動しているイカ風船を相手に練習しておこう。


置き撃ち

死角から相手が移動しそうな位置を予測してインクを撃ち込むテクニック。
主にシューター、マニューバーを使っている際に通路の角にインクを撃ちこんで相手がやってきた所を狙う使い方になる。今作では壁が多いマップが多いので覚えておくといいだろう。
塗りで相手の進行方向を制限して上手く狙っている角に誘導できるようになると上級者といえよう。


雷神ステップ

前作から使われるテクニック。自分の足元に.ぅ鵐を撃つ→▲ぅ潜り→インクから出る→ 銑7り返しで移動する技。
これを素早く斜め左右交互に繰り返す事で、高速にジグザク移動することができ相手に狙いを絞らせないようにする。
特に相手のインクに足を取られた際の脱出に有効。
わかば/もみじシューターやプロモデラーMG/RG、ボールドマーカーなどの一発の塗り範囲が大きく射程が短いブキでは覚えておくと便利。


壁潜み

壁に塗ったインクの中に潜み、近くに来た敵に不意打ちを仕掛ける事。
相手に塗られ返されやすい床のインクに潜むよりも効果が高い。ローラーを使うなら覚えておきたい。


 トップページ > テクニック

スポンサーリンク
プライバシーポリシー | 当サイトについて